素肌美人に近づくためにはすっぴんが一番

素肌美人に近づくためにはすっぴんが一番

 

女性であれば人より綺麗に見られたかったり、年齢より若く見られたいと思うのは当然の事だと思います。
そのために厚化粧をしてしみやそばかすなどマイナスな面を隠す人が多いです。実はそれは逆で、薄化粧に近い方が本当の綺麗に近づける方法でもあります。何もつけない方が肌に良いに決まっています。ある有名女優さんも基本的にはすっぴんで綺麗な肌を維持していると聞きます。

 

厚化粧で隠す事よりも日々のスキンケアを丁寧にし、基本は日焼け止め程度の薄化粧で過ごす事が綺麗への第一歩と言えるのではないでしょうか。
綺麗な女性はボディーラインも気にしています。エステサロンでキャビテーション口コミを見ていると部分痩せに効果があるようです試してみる価値がありそうです。

 

ナチュラルメイクとすっぴん

 

職種によっては念入りに化粧をしなければなりませんが、一般的にオフィスで好まれるのは身だしなみ程度の薄化粧です。
お肌のきれいな方や化粧はあまり好まない方はすっぴんを通している方もおられますが、人前に出る際には最低限のメイクは必要であると考えます。

 

薄化粧であれば特に問題ありませんが、女性が使う化粧品や香水のにおいは意外と不快感を与えますので注意が必要です。
またあまり濃すぎたり、マスカラをつけ過ぎると顔のイメージが変わり、ちょっと怖い印象を与えます。
今のメイク方法で問題ないか、誰かにチェックしてもらうといいです。

 

 

スキンケアはクレンジングから

 

お肌が健康な人も、敏感な人も、そしてアトピーの人も、大事なのはスキンケアです。
もし、お肌に疾患があるなら、その治療の第一歩はスキンケアにあると言っても過言ではありません。
そのくらい、毎日の適切なケアは重要です。
そして、お化粧をした日には、一日の最後に必ず、クレンジングをしましょう。
たとえ、メイクが薄化粧でも、クレンジングは忘れずに実行します。
汚れを綺麗に落としたら、次は、保湿をします。
自分のお肌に合うものを選び、お肌に負担をかけないようにしながら保湿をしましょう。
この保湿により、ほとんどのトラブルは回避できます。

 

クレンジングは大切です

 

かつて、お化粧は女性が外出するときだけ、というのが常識でした。現代では、外に出るときは、紫外線対策を兼ねて、しっかり化粧、日差しが弱いときや家の中では、薄化粧をする人が増えています。
基礎化粧から、UV効果のあるファンデーションやパウダーを使った時は、もちろんですが、薄化粧の時も、クレンジングでしっかりキレイにしたいものです。なぜなら、どうしても、化粧品で皮膚を覆ってしまうことによって、脂が外に排出されないで、毛穴に残ったり、たとえ薄化粧でも、軽い洗顔のみでは落ち切らず、肌の中に残ってしまい、くすみや、脂性、トラブルの原因になるのです。
ほんのちょっとの化粧でも、油断せず、しっかりクレンジングすることで、明るい健康な肌の状態を維持することができるのです。

 

 

 

薄化粧に仕上げるためには

 

メイクは濃い目に仕上げることもありますが、服装がカジュアルなときや家で過ごすときなどはよりナチュラルな薄化粧で仕上げたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
薄化粧に仕上げるためには、まずはファンデーションは薄付けにし、シミなど気になる部分はコンシーラでカバーすると厚塗りを防ぐことができます。
それから、アイシャドーなども茶色など肌なじみの良い色にすること、リップカラーなどもより自然に近い色を選んでおくとよりナチュラルに仕上がります。

 

 

薄化粧は肌に負担をかけないです

 

紫外線予防対策として、日焼け止めクリームを塗り薄化粧を行う事で、肌に負担を掛けないでメイクアップが綺麗に行きます。
厚化粧などの塗り直しなどをしてしまうと、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすく、肌に負担をかけてしまいます。しわ化粧品を選ぶ際にも肌にやさしいものを選びます。
綺麗な素肌にも見える薄化粧は、美肌にもなり肌にダメージを与えずに、すっぴんのような綺麗な肌に見えることができます。
アイメイクなどをしっかりするだけでも、印象的なメイクにもなり薄化粧でも楽しめます。